購入の流れ:日本在住の方

Posted on by

「メルボルンで不動産を買おう!」

決めたはいいけど、どんな手続きがあるのか、日本とはどう違うのか、わからないことだらけ。
そんなみなさまのために、BMG不動産は、物件探しから購入、入居、あるいは購入後の貸出、将来的な売却まで、すべてを代行&ケアいたします。


【私達は「お客様の味方」です!】

オーストラリアでは、日本のように不動産業における仲介業が存在しません。つまり家を買いたいと思ったら、この物件はこの不動産屋、あの物件はあの不動産屋、と常に自分で探して、1つずつ問い合わせをして…と手間と時間が大変かかるのです。

BMG不動産は、通常の不動産会社同様のサービスに加え、お客様の希望を聞き、その希望に合いそうな物件を、経験に基づいた客観的な意見とともにリストアップし、提供する、というサービスも行っています。持っているものを売りたい不動産業者ではなく、買いたい人がほしいものを見つけて、買うのを手伝ってあげる、と言うサービスです。

そしてまた、手続きの中で気になること…すべて、お客様の目線で、お客様の立場にたって、お客様のためのベストを考えたサービスを提供いたします。メルボルンの不動産業界で30年の経験を持つブライアン・グレースと、日本の中堅企業経営で培ったきめ細やかなコミュニケーションと心配りを怠らない境田が、「お客様の味方」になって1から10まで、お手伝いいたします。

特にメルボルンという土地になじみのないお客様にも、メルボルンの素晴らしい不動産を安心して購入いただけるよう、「BMGを通して、買ってよかった!」と思っていただけるよう、労を惜しみません。

以下、購入を検討されている方のために、大まかにどんな手順で購入が実現するか、「日本在住の方の場合」「メルボルンに在住の方の場合」に分けて、ご説明いたしましょう。

日本に在住している方の場合

購入から貸出まで、日本にいるまますべてが可能です!

弊社ですべて代行させていただくため、お客様は最初から最後まで、日本にいるままで、購入、また購入後の貸出や売却までが可能です。

もちろんメルボルンに来て、どんな街のどんな物件なのか見てみたい!という方は大歓迎! 弊社スタッフが、ご案内をさせていただきます。

購入できる物件

現在メルボルンで、オーストラリアの永住権を持たない外国人が購入できる物件は、下記の3種類のみに限られています。

  • 新築の建売住宅や分譲マンション
  • 青図面(英語で「オフ・ザ・プラン」と言います)の段階で、これから建てられる物件 
    メルボルンでは、新築の物件は、着工前の段階、つまりモデルルーム&図面のみの段階で、販売開始することがほとんど。完成まで通常1年ほどかかります。
  • 中古住宅だが、一定期間内に取り壊し・新築を行うと決めている場合

逆に言いますと、永住権を持っていないと中古の物件は基本的に購入することができません。なぜこのように規制されているか、というと、新築物件はオーストラリアの労働市場に雇用を生み出すことができるからです。

購入の流れ

さて、日本に在住している方が、2の「青図面(オフ・ザ・プラン)の物件をメルボルンで買おう! となった時の流れを、簡単にご説明しましょう。

① 物件探し

お客様のご予算とご希望をお聞きした上で、弊社スタッフが物件探しを行い、ご要望に沿った物件を集めたリストをおつくりします。それぞれの物件の長所や短所も、明確にお伝えしていきます。それをご覧いただき、納得いくまでご検討ください。
もちろんメルボルンに来て、どんな街なのか見てみたい!という方は大歓迎! 弊社スタッフが、ご案内をさせていただきます。

 

② 物件が決まったら、手付金1,000AUDをお支払いください

「この物件に決めた!」となったら、払い戻し可能の手付金1,000AUD(約10万円)のを弊社口座に振り込んでいただきます。それによって、市場から下ろすことになり、ほかの人は購入できないようになります。

 

③ 契約書にサインします

手付金の入金確認後、約2週間で弊社に契約書が届きます。弊社のほうで弁護士とともに内容を確認します。内容に納得した上でサインをして、これを売り主に送ります。売り主が確認し、サインをしたものが私達の手元に送られてきます。

 

④ 契約書へのサインと同時期に頭金として、総額の10%をお支払いいただきます

仮に50万AUD(約5,000万円)の物件だとすると、50万AUDの10%=5万AUDから、手付金としてすでにお支払いいただいている1,000AUDを差し引いた4万9,000AUDを、デポジット(頭金)として、弊社宛てにお支払いいただきます。
売り主から戻ってきたサイン済の契約書を確認した後に、お客様の頭金を売り主に送金します。これで契約が無事完了という事になります。

 

⑤ 建物が完成するまでに、ローンを組んでおきます

着工からおよそ1年ほどで、建物が完成します。鍵の受け渡し(「セトルメント」と言います)が可能になる日程の1か月~2週間前に、「残金清算をお願いします」と、弁護士から弊社に連絡が来ます。
それまでにローンを組むなど、お金を用意しておきます。メルボルンでのローンを組むことについては、こちらをご覧ください。

 

⑥ 建物完成間近に「インスペクション(物件の下見)」を行います

これは物件の引き渡し前に「建物が契約書通りに仕上がっているか?」「不備は無いか?」などを、確かめるために行われます。私どもが検査いたしますが、もちろんお客様の同席も歓迎です。

 

⑦ 残金清算後、鍵の受け渡しをいたします

弊社スタッフと弁護士が、お客様に代わって、鍵の受け渡し(セトルメント)を行います。もちろん、ご自分の目で物件を確かめられたい方は、ぜひメルボルンまでお越しください。
その後、そのまま貸し出されたい場合も、すべて弊社で承ります。貸し出しのサービスには、不動産管理費として家賃の5.5%を頂戴しております。貸し出しについての詳しい内容は、こちらをご覧ください。

※この記事は投資アドバイスや法律アドバイスではありません。不動産の購入や賃貸に関するより詳しい内容は、直接ご相談ください。