BMG不動産について

Posted on by

私達のサービス: 常に「お客様の味方」として

オーストラリアでは、日本のように不動産業における仲介業が存在しません。つまり家を買いたいと思ったら、この物件はこの不動産屋、あの物件はあの不動産屋、と常に自分で探して、1つずつ問い合わせをして…と手間と時間が大変かかるのです。

また通常の不動産会社は、自分たちの持っている物件を売ろうと、とかなり強くプッシュしてきます。「今はこれが絶対にオススメだから」と言いながら、お客さんの立場ではなく、彼らの有利になるようにアドバイスをしてきます。知識があってお客さんの立場になって…という人は、なかなかいないのが実情です。

私どものサービスの中の一つで際立って他の通常の不動産屋と違うのは、お客様の希望を聞き、その希望に合いそうな物件を、経験に基づいた客観的な意見とともにリストアップし、提供する点です。持っているものを売りたい不動産業者ではなく、買いたい人がほしいものを見つけて、買うのを手伝ってあげる、というサービスなのです。

それは不動産管理においても、同じです。お客様の目線で、お客様の立場にたって、お客様のためのベストを考えたサービスを提供いたします。

メルボルンの不動産業界で30年の経験を持つブライアン・グレースと、日本の中堅企業経営で培ったきめ細やかなコミュニケーションと心配りを怠らない境田が、「お客様の味方」になって1から10まで、お手伝いいたします。

brian-pic

BMG不動産・取締役
ブライアン・グレース(Brian Grace)

TEL:0403 502 752


メルボルン生まれ。建設業者兼土地開発者だった父親の影響を受け、幼少時より不動産業界に興味と関心を持つ。商用、また住宅用双方の物件を取り扱う不動産業者としてのフルライセンス、またオークションを指揮するオークショネアとしてのライセンスを保持。

過去にオークションを行った物件は800、また不動産管理を手がけた物件は500以上。メルボルン東郊を中心とした不動産業界で約30年間のキャリアを誇る、屈指のベテラン業者。

売買、賃貸、物件探しからオークションでのビッド、「困った時」の代理交渉まで、不動産に関わるあらゆるサービスを提供。モーゲージブローカーや法律家など、関係各業界の専門家ともネットワークがある。

「常に顧客の利益のために」をモットーに、あえてビジネスを小さく保つことにより、個における不動産ニーズの1から10までをケア、プロフェッショナルかつ個人的な奉仕を実現。それにより、業界内でも最も信頼のおける業者として、地元オーストラリア人、また日本人マーケットの双方から高い評価を得ている。

junko-pic

BMG不動産・取締役
境田 純子(さかいだ・じゅんこ)


東京生まれ。材料試験機の製造販売を行う日本企業で15年間取締役を務める。オーストラリア支店展開のため来豪。不動産、建物の分野にはもともと興味があったが、メルボルンで経験した不動産業界の質の悪さに失望、自らが「顧客の立場に立った不動産におけるサービスを提供したい」と、この分野に足を踏み入れる。

日本のビジネス界で長年培った鋭い金銭感覚と、日本的・女性的なきめ細やかな奉仕の心情で、メルボルンの不動産に興味のある人々の役に立ちたいと願う。

設計図を描くことを趣味にしており、日本の社屋と実家なども自らが設計。リノベーションも多数手掛けている。